月に一度は予定のない休日を作るのがおすすめな理由

昔、学生時代に試験勉強をしていると無性に家の机の引き出しの中を整理したくなったことがありませんか?
なぜか机の引き出し鵜の中が散らかっているのが気になって仕方がない
試験が終われば整理しようとおもっいぇはいても
でもいざテストが終わるとっそんな気持ちなどどこかに忘れてしまうから不思議です。

仕事や勉強をしている時は遊びたい気持ちでいっぱいになります。
行きたいところ
会いたい友人
やりたいこと
たくさん考えていたのにいざ休日となると乗り気でなくなってしまいます。
仕事や勉強は「やらないちょいけない」という義務であり
逆に遊びは「することができる」権利みたいな感覚ではないですか?
実際に遊び始めると意外にこの「義務感」がひょっこりと頭をもたげてきてしまい遊びに集中できないものです。
休日に誰かと会う約束をしていたら、その場所に行かなければいけないのですがなぜか乗り気になれない。
仕事や勉強している時にはあれほど楽しみにしていたことなのにです。
平日には待ち遠しかった「遊び」でワクワク祖p和沿わしていたのに、実際に休みになると「遊ぶ気分じゃなくなる」・・・
それは誰で二もあることです。
常に一生懸命に働き勉強することも大事ですが、なにもしないボーっとする無駄な一日もいいものです。

月に一度は予定にない休日を作ってみませんか?
選択しようと思っても今着ているシャツを脱いだら急にお風呂に入りたくなった。
お風呂から出て髪を乾かしていたら無性に髪を切りたくなった
せっかくの晴天の休日に布団を干そうと思ったら、ついその布団に横になってウトウト
しんな流れに任せた怠惰な一日ってかなり精神的にも充電できるものです。

「明日の休日は部屋を綺麗に片づけるぞ!」
そう決めていたはずなのに、いざ当日になるとベッドの下から出てきた漫画の単行本
読みだしたら止まらなくて全巻読破してしまった。
気が付けば夕暮れ
気づいて「もう夕方かぁ、今日一日無駄にしたな」
そう考えるより「いい休日だったな」
そう考えるのもいいと思います。
ロレックス ボロボロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です