革ジャンはクリーニングに出さないで汚れたら拭くだけでOK

皮ジャンなどはクリーニングには出さない方が賢明です。
そもそも革製品の洋服はクリーニングには出さずに着潰すくらいの感覚でいいと思います。
もしも汚れたらぬるま湯に浸したタオルうぇお固く絞って拭くだけで十分です。
汚れが特に目立つ場合は色落ちの確認をしてから、お洒落着洗いの洗剤を薄めた液に柔らかい布を浸して軽くさっと拭いてみましょう。
その後はハンバーにかけて、風通しの良い場所にしっかりと干して乾かしてください。
特に袖やポケットの部分は良く汚れるので注意しておきましょう。
洗剤を使ってお手入れをする場合、お酢を数滴だけ潜在液に加えると色落ちしにくくなることもおばあちゃんの知恵です。
特に汚れやすい袖口の裏側などはこれが効果的です。

おなじ革ジャンでもスエード仕様の場合はどうお手入れすればいいのでしょうか・
まず日比生のお手入れが大事です。
スエードの革ジャンを着た日は、帰宅して脱ぐたびに軽くブラッシングをしてついたホコリを取り除くようにしましょう。
またスエードは水に弱いので、拭く場合には乾いた布で行いましょう。
特に汚れやすい袖口や首まわりの衿の汚れは意外と消しゴムでこするとよく落ちるので裏ワザとして知っておいてください。
ただあまり強くこするとスエードの生地があくまで軽くこするようにしてくださいね。
消しゴムを使用する場合には円を描くようにして軽く優しくこすると生地を傷めません。
またスエードの命である起毛がヘタってきたら、サンドペーパーで軽くこすると起毛が復活することもあります。
ただし、このあたりはリスクもあるので自己責任で行ってください。
スエードのお手入れは
・から拭き
・消しゴム
・陰干し
それだけでかなり持ちます。

皮製品のクリーニングは料金も高く、頻繁に出せるものではありません。
ですので毎日のお手入れでかなり汚れは落ちますのでぜひう実行してみてください。
大事に着れば一生物なのですからね。
カナダグース 白化 クリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です