Monthly Archives: 2月 2024

ボケと老化は違いますい!老人のボケとは?

歳をとってくれば誰でも多の「物忘れ」をしたり、頭の回転が遅くなるのは仕方ありません。
ただ「最近 親父 ボケたんじゃないか?」なんて簡単い言って欲しくはありません。
老人の「ボケ」とはもっと顕著な病的な変化を指します。

単なる「物忘れ」のような老化に伴う自然現象とは明らかン異なるのです。
ですいから、歳をとればだれでもボケるというわけではないのです。

ボケの下人として大きく2つあります。
ひとつは脳梗塞や脳血栓などの脳の血管障害や脳の神経細胞が萎縮してしまう脳の変化(アルツハイマー型痴呆)があります。
二つめは、身体の衰えや精神的な不安定感、生活環境の大きな変化など複雑な要因が絡み合って起こる一時的な病的な状態を引き起こすものです。
とくにこ二つ目については
・お年寄りを孤立させない
・急激な生活環境の変化に注意する
など家族や周囲の人がお年寄りのことを理解し、温かい人間関係を築くことでかなり防ぐこともできます。

それでも高齢の親のボケが始まったことを実感する時が来るかもしれません。
夕食が終わったのに鵜「まだ晩御飯を食べていない」とか言い出したり
自分でどこかに置き忘れた財布を「家族の誰かが盗んだ」:と言い出したり
かなりお諸キングなことも起こります。

ボケの始まったお年寄りの心は非常に大きな不安を抱えています。
ですので、介護する家族は、
決してr感情的にはならずに
お年寄りの言葉をよく聞き
相手の目を見てゆっくりと話しかけるkとが大事です。
たとえ相手が魔t理がったことを言っていると分かっていても
頭ごなしに否定せず、
時間をかけて話すことを心がけましょう。

またそんなボケの症状が出たことを他人に相談することは恥ずかしいだなんて思わないでください。
ケアマネージャーや専門医などにう相談してみることに気後れしないでください。
ボケは病気なのです。
介護する家族だけで抱え込む問題ではないのです。
ボケには家族と周囲の人たちとの理解と協力が必須なのです。
そうでもしないと介護している人の負担が大きくなりすぎるだけです。
認知症 GPS 持たせ方

月に一度は予定のない休日を作るのがおすすめな理由

昔、学生時代に試験勉強をしていると無性に家の机の引き出しの中を整理したくなったことがありませんか?
なぜか机の引き出し鵜の中が散らかっているのが気になって仕方がない
試験が終われば整理しようとおもっいぇはいても
でもいざテストが終わるとっそんな気持ちなどどこかに忘れてしまうから不思議です。

仕事や勉強をしている時は遊びたい気持ちでいっぱいになります。
行きたいところ
会いたい友人
やりたいこと
たくさん考えていたのにいざ休日となると乗り気でなくなってしまいます。
仕事や勉強は「やらないちょいけない」という義務であり
逆に遊びは「することができる」権利みたいな感覚ではないですか?
実際に遊び始めると意外にこの「義務感」がひょっこりと頭をもたげてきてしまい遊びに集中できないものです。
休日に誰かと会う約束をしていたら、その場所に行かなければいけないのですがなぜか乗り気になれない。
仕事や勉強している時にはあれほど楽しみにしていたことなのにです。
平日には待ち遠しかった「遊び」でワクワク祖p和沿わしていたのに、実際に休みになると「遊ぶ気分じゃなくなる」・・・
それは誰で二もあることです。
常に一生懸命に働き勉強することも大事ですが、なにもしないボーっとする無駄な一日もいいものです。

月に一度は予定にない休日を作ってみませんか?
選択しようと思っても今着ているシャツを脱いだら急にお風呂に入りたくなった。
お風呂から出て髪を乾かしていたら無性に髪を切りたくなった
せっかくの晴天の休日に布団を干そうと思ったら、ついその布団に横になってウトウト
しんな流れに任せた怠惰な一日ってかなり精神的にも充電できるものです。

「明日の休日は部屋を綺麗に片づけるぞ!」
そう決めていたはずなのに、いざ当日になるとベッドの下から出てきた漫画の単行本
読みだしたら止まらなくて全巻読破してしまった。
気が付けば夕暮れ
気づいて「もう夕方かぁ、今日一日無駄にしたな」
そう考えるより「いい休日だったな」
そう考えるのもいいと思います。
ロレックス ボロボロ

口臭が気になる40代男性

私は40代の会社員です。最近、口臭が気になるようになりました。仕事で人と話す機会が多いので、相手に不快な思いをさせないようにしたいと思っています。しかし、どうやって口臭を防ぐか、正しい方法がわかりません。そこで、私はいろいろな口臭対策を試してみることにしました。このブログ記事では、私が試した口臭対策の効果や感想を書いていきます。もし、同じ悩みを持つ方がいらっしゃったら、参考にしていただければ幸いです。

口臭対策その1:口の中がすっきりするタブレット

まず、私が試したのは、口の中がすっきりするタブレットです。これは、ドラッグストアで買えるもので、ミントやレモンなどの香りがするものがあります。私は、レモン味のものを選びました。これを舐めると、口の中に爽やかな香りが広がります。また、唾液の分泌も促されるので、口の中が乾燥しないようになります。私は、仕事の前や会議の前に、このタブレットを舐めるようにしました。すると、口の中がさっぱりして、自信が持てるようになりました。相手の反応も良くなったように感じました。このタブレットは、手軽に使えて、効果もあるので、おすすめです。

口臭対策その2:マウスウォッシュ

次に、私が試したのは、マウスウォッシュです。これは、歯磨きの後や食事の後に、口に含んでゆすぐ液体です。これには、殺菌作用や消臭作用があるので、口臭の原因となる細菌や食べかすを除去することができます。私は、ノンアルコールタイプのものを選びました。これを使うと、口の中が清潔になり、さわやかな息になります。私は、毎日朝晩の歯磨きの後と、昼食の後に、このマウスウォッシュを使うようにしました。すると、口臭が気にならなくなりました。このマウスウォッシュは、効果的に口臭を防ぐことができるので、おすすめです。

口臭対策その3:歯間ブラシ

最後に、私が試したのは、歯間ブラシです。これは、歯と歯の間に挿入して、歯垢や食べかすを取り除く道具です。これには、歯周病や虫歯の予防にもなるので、口臭だけでなく、歯の健康にも良いです。私は、歯磨きの前に、この歯間ブラシを使うようにしました。すると、歯の間に詰まっていたものが取れて、口の中がすっきりしました。この歯間ブラシは、歯の隙間をきれいにすることができるので、おすすめです。

以上が、私が試した口臭対策です。これらの方法を実践することで、私は口臭が気にならなくなりました。もし、あなたも口臭に悩んでいるなら、ぜひ試してみてください。口臭は、自分では気づきにくいものですが、相手には大きな影響を与えます。口臭を防ぐことで、人間関係や仕事にもプラスになると思います。

ミルクリアウォッシュ 販売店

親の介護をしないとどうなる?

親の介護をしないとどうなるのでしょうか?

法律(民法)では、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」(民法877条1項)と規定しています。
また、「保護責任者遺棄罪」や「保護責任者遺棄致死罪、保護責任者遺棄致傷罪」に問われる可能性もあります。
※保護責任者遺棄罪とは、扶助が必要な人物を置き去りにする犯罪

しかし、日本において、親の介護をしない場合には法的な罰則がありません。
日本の法律では、一般的に子供が親の介護をしなければならないといった明確な法的な義務は課されていません。

しかし、親が高齢で介護が必要な状態にある場合、介護が必要な親を放置することは、道徳的な問題や家族関係に大きな影響を及ぼす可能性があります。
また、親の介護が不十分な状態である場合、親の健康や安全に悪影響を及ぼす可能性もあります。

さらに、介護を放棄した場合には、親との関係が悪化する可能性や、兄弟姉妹や他の親族との関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
家族間の信頼関係や絆が揺らぐことによって、将来的な問題や心理的な負担を招く可能性もあります。

また、介護に困難を感じている場合は、介護サービスや介護保険制度を活用することができます。
介護保険制度では、介護サービスを利用するための経済的な支援や、専門的な介護者の派遣などのサポートが受けられます。

重要なのは、介護に関する選択や判断は個別の状況や関係性に応じて行われるべきであり、法的な義務だけでなく、道徳的な観点や家族の絆も考慮すべきです。

しかし、これは簡単には語れません。
世の中には、いびつな親子関係にある親子がたくさんいるからです。

過去に子供への虐待をしてきた親や借金など子供に多大な迷惑をかけてきた親。
いわゆる毒親の介護を子供がしなければならないのか?
これは道徳的や倫理的な考えだけで語ることはできません。

既に絶縁や断絶状態にある親子はたくさんいるのです。
できれば、何かのきっかけで親子関係が改善されればいいのですが、それは簡単なことではないのです。
しかし子供からすれば、まわりから「子供が親の面倒を観r角が当たり前なのに」という白い目で見られてしまうのも辛いことです。
義両親 介護 断り方